Produce 文化プロデュース一覧

文化プロデュース一覧

70年代後半 東京・下北沢でポピュラー音楽のショーを展開

85年  上方の古典に親しむ会を結成

86年 日本染織発祥の地、染殿池(西宮市)で林家染丸一門の落語会「染殿寄席」を開始。

87年 
西宮市内のブティックで催されたファッションショーに、元・ヅカジェンヌ、明日香都のコンサートをひらく
西宮アミティホールで「宮城昇バレエ団」公演を、森本由布子を中心に企画(西尾智子と共同企画)

88年   
神戸市立博物館で「シャンソンINミュージアム」の舞台監督をつとめる

89年   
大阪サンケイホールで「シャンソンIN大阪」を企画
つかしんホールで「近松シャンソン」を企画、『心中天網島』を改作

90年   
みろくのさと国際演劇祭を総合プロデュース(東京ヴォードヴィルショー、
M・O・P、マルセ太郎、人形劇団クラルテ、上海太郎舞踏公司、吉本新喜劇・・・)
つかしん童話コンクールで審査員。大阪新劇フェスティバルの審査員

91年  
伊丹アイホールで199太陽族(現・太陽族)の『峠のわが家』を上演

92年  
MBSギャラクシーホールで、西鶴フェスティバルを総合プロデュース
清元の日本舞踊『小槌業平』をルナホールで企画
ピッコロシアターで上海太郎舞踏公司の『国姓爺合戦』をプロデュース
原宿ラフォーレで、劇団そとばこまち『大阪弁ジャック』をプロデュース

93年  
新開場した宝塚ソリオホールで上海太郎舞踏公司の公演をプロデュース

94年  
ソリオホールに、手塚治虫記念館のオープンにあわせ、漫画家・池田理代子や手塚プロ  
社長の松谷孝征を招く

95~97年 
アルカイックホール・オクトで小劇場運動と連動した近松劇をプロデュース
(升毅・劇団MOTHER、押谷かおり・立身出世劇場、尼崎の劇団)

97年   
兵庫現代芸術劇場(2005年、兵庫県立芸術文化センターと改名)参与に就任

2000年   
いずみホールで、作曲家・久保洋子の新曲『おしてる』をプロデュース、
能楽シテ方・赤松禎英や美術家・森村泰昌をゲストに呼ぶ

2004年  
京都アートコンプレックスでOSK日本歌劇団のメンバーによる歌劇を上演
宝塚映画祭の実行委員長に就任

2005年   
兵庫県立芸術文化センター中ホールで、女流義太夫の会を企画
梅若六郎・『蛇(くちなわ)』(瀬戸内寂聴・作)をプロデュース
「関西・歌舞伎を愛する会」の代表世話人に就任(~2022)、船乗り込みに参加

2007年  
歌舞伎『恋飛脚大和往来』「新口村」を西宮アミティホールで制作(我當・進之介・吉弥)

2009年  
歌舞伎俳優の上村吉弥の会を催す(ゲスト・玉岡かおる)
横浜山手のゲーテ座で、ジョセフ・ヒコを主人公にした歌劇ビジューの
『揺たう潮の咲くらばな ジョセフ・ヒコ物語~横浜編~』を上演
追手門学院のホールで新作狂言『おさか』を企画

2012年  
武智鉄二生誕百年フォーラムを企画、司会(吉田文雀・権藤芳一・水田かや乃)

2013年  
ラストエンペラー溥儀の姪・福永こせいを芦屋市民センターのトークに招く
いずみホールで、バッハ研究家・礒山雅と対談
能『呉服』を映像を用いてプロデュース
追手門大学の協力で、「細川ガラシャ生誕450年」の義太夫・地唄舞の会
「能楽×文楽」の船弁慶を創作
講談師の協力を得て、『女紋』の作者・池田蘭子の遺族を招いたトークと講談
手塚治虫の漫画を原作にした新作狂言『老人と木』を上演
茨木伝統芸能フェスティバルの代表に就任
神戸夙川学院大学観光学科の学生たちによるファッションショーを企画
佐渡裕の指揮するスーパーキッズオーケストラを芦屋ルナホールでプロデュース
佐久間良子・桂米團治と『細雪』をめぐるトークショーを司会

2016年 
大阪・山本能楽堂で、関西広域連合主催の「伝統×空想×技術」―革新してゆく関西文化― で講演

2017年 
川井郁子ヴァイオリンコンサートをルナホールで開催
詩人・谷川俊太郎の朗読会を催す
創作アニメ映画による「ティアフル映画祭」を催す

2018~2019年 
東京・銀座の観世能楽堂で、関西広域連合主催、はなやか関西「文化の道」フォーラムをコーディネイト

2020年  
有楽町朝日ホールで、はなやか関西「文化の道」フォーラムをコーディネイト、講演する

2021年  
河内厚郎・作『清盛伝』を、梅若基徳・善竹隆司・善竹隆平で、朗読劇 ルナホール



 
















 

Blog Category

RSS 2.0